スポンサードリンク

お探しの商品、宿泊施設情報などはこちらで検索できます


2016年05月18日

セイシェル ボトル浄水器「サバイバルプラス」


【送料無料】セイシェル(Seychelle) サバイバルプラス 600ml GDX-SB2【あす楽対応】【SMTB】


アメリカ・セイシェル社製携帯用の浄水ボトル、本体は最大直径8cm×高さ22.8cmで容量

600mlで海外旅行やアウトドアにも持ち出しやすいサイズです。


コンパクトながら非常に浄水能力の高いフィルターで、トイレタンクの水や川の水・雨水

等を飲料できる水にできるので、海外のペットボトルや水道水、国内でも井戸水や湧き水

といった、そのまま飲むのが心配な時にも使えます。


フィルターの交換目安は380lですが未使用なら15年もつので災害時の備えにもなります。


交換用フィルターは正規代理店ヴォーテックスのオフィシャルサイトで4320円(税込)です。


また家庭で利用するなら容量3.78リットルのセイシェルホームピッチャーもあります。


これで浄化した水がおいしいかと言えば、水に含まれるほとんどの不純物を99%以上除去

するので普通の飲み水、いわゆるピュアウォーターの味です。


こちらが関連商品です ⇒ 浄水ボトル


posted by のと at 18:05| 浄水器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

Coolqoo(クール・クー)ノンボトル・ウォーターサーバー




ボトル不要・自動給水(水道直結)型の次世代ウォーターサーバーCoolqoo(クール・クー)は、

従来のレンタル・ウォーターサーバー(宅配水)と違い、水補充の注文やボトル保管場所の確保、

重たいボトルの設置などの手間がなくなります。


要は自宅の水道水を濾過して使う浄水器を、定額・月4,200円(税抜)で借りるような形で、

年に1回のメンテナンス・フィルター交換も無料で行われます。


一般的な家庭用浄水器は水道の蛇口を捻るとろ過したほぼ常温の水が出てきますが、

クール・クーは水道水を濾過後タンクに貯蔵、約4℃の冷水・約85℃の温水が利用できます。


能力の高い日本製ROろ過フィルターを採用しピュアウォーターを精製、内臓タンクの容量は

小さくなりますが、設置しやすい卓上タイプもあります。


天然水を使ったミネラルウォーター・サーバーにこだわる方はともかく、一般的な水道水

等を濾過してボトル詰めする宅配水を検討されてるなら検討する価値はあるかと。


また家庭用浄水器の購入を考えられてる方で、後々の消耗品の交換・メンテナンスが面倒、

冷たい水・暖かいお湯を常時使いたいと思われるなら選択肢の一つになるのでは。


こちらが関連商品です ⇒ ノンボトル次世代ウォーターサーバー「CoolQoo」クールクー
posted by のと at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Coolqoo ウォーターサーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

水のpH値(酸性・中性・アルカリ性)

飲料水を分類する基準の一つ・pH(英語でピーエッチ・ドイツ語でペーハー読み)ですが、

これは水の中にどれ位の水素イオンが含まれているかの濃度を示す指数です。

※ pH → Power of Hydrogen Ion Concentration


水は中性ですが僅かに電離していて、水素イオンと水酸化物イオンに分かれていますが、

アルカリ性を示す水素イオンと酸性を示す水酸化物イオンの数が同じ為、中性を示します。

ph01.gif

純粋な水(H2O)は1リットル中にH+(水素イオン)を10-7(0.0000001)グラム含んでいるので、

pH7を中性と規定、数値が小さくなるほど強い酸性(水素イオン濃度・高)、大きくなる程

強いアルカリ性(水素イオン濃度・低)となり、pH1からpH14の14段階で表示されます。

ph02.gif

実際の飲料水に関しては純粋な水(H2O)ではなく、水素イオン・水酸化物イオン以外にも

ミネラル成分ほか様々な成分を含んでいるのでpH7ではありません。


水道水では厚生労働省の定める水道水質基準によりpH値5.8以上8.6以下と規定し範囲内に

調整されていますが、根拠は天然水のpHが大体5〜9というもので、範囲内に収まってない

からダメな水というものではありません。


良く言われるのが飲み水には弱アルカリ性が良くて、酸性が強いほど良くないというもの

ですが、多分根拠は人間の体液が弱アルカリ性(pH約7.4)で吸収率が良いといったことや、

体が酸化するのは良くないので酸性のものはあまり採らない方が良いというもの。


ただアルカリ性を示す物も酸性を示す物でも水素イオン・水酸化物イオンは含んでいて、

様々な状況によって変化するので真逆の性質を示すこともあります。


お酢は酸性ですが血液をアルカリ性にする性質からアルカリ性食品と分類されていますし、

梅干やレモン等の柑橘類も酸性だから体に悪いという話は聞いたことがありません。


人間の体は健康体であればちゃんと最適なpH値に保たれるようになっています。


とはいえ一時的には酸性・アルカリ性に傾くこともあるので、過ぎたるは及ばざるが如し、

不要に酸性の物ばかりを体に取り入れることは勧められません。


市販のミネラルウォーターでは弱アルカリ性や弱酸性と表示している製品でも、そんなに

極端なpH値のものはありませんので、あまり心配する必要は無いかと思います。
ラベル:pH計算 pH試験 ph値
posted by のと at 00:13| 水に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする